【毎年恒例】超太っ腹な”横須賀IT Camp”を利用して全社合宿を行いました!

今年もやってきた”全社合宿”の季節

20176月をもってシェルフィーは設立3周年を迎えました。そして今年も同時期に横須賀市が開催する”横須賀IT Camp”を利用して全社合宿を行いました!

昨年は「宿泊費・交通費・食費全部タダ」とめちゃくちゃ太っ腹だった”横須賀 IT Camp”ですが(昨年の様子はこちらから)、今年はさすがに縮小したようです。笑 とはいえまだまだお得なのは間違いありません。公式情報によると、

 補助金額は次のア、イの合計額です。ただし、上限は「30万円」となります。

 ア 1団体あたりの日額
3人以上17人未満 日額 15,000円  17人以上 日額 50,000円

 イ 横須賀市内に宿泊した場合
1人あたり 1泊2,000円

※現地までの交通費は含まれていません。
※食事代は含まれていませんが、ご希望を伺い、市内の飲食店を紹介いたします。

となっており、シェルフィーの場合はなんと!約15万円ほどの補助を受けることができました。

「ほかの場所もあるのでは?」ということで横須賀以外の他の場所も検討したのですが、どこと比べても価格およびクオリティ面で凌駕する場所がなく、昨年に引き続きお世話になることにしました!

全社合宿の目的

これから建設業界に対してより大きな価値を生み出すために、シェルフィーでは「目的の達成のために各自が自分の頭で考え、動ける組織になること」を目指しています。

そこで今回の全社合宿では、

・日頃の業務から離れて「未来のあるべき姿」を描き、長期的な視点を養う
・それらを夢物語で終わらせず、現実まで落とすことで建設市場および事業への理解を深める

の2つを目的にしました。コンテンツは代表の呂と一人目社員の鈴木が作り、その内容は当日まで極秘扱いで、非常に力を入れている様子でした。

いざ、横須賀へ!

昨年に引き続き、デザイナー石川の手作りの合宿のしおりが配布されました。もはや風物詩となり、これを見ると「あぁ、夏がきたなぁ〜」と感じます。

YPR駅についたらバスで移動!遠足っぽくてテンションがあがります。

都会の喧騒から離れ、会議室のあるYPRセンターに到着!先進的なデザインの建物で、中も非常に綺麗で開放感があります。自然も多く、非日常感があって議論が捗ります。

1日目のワークショップ

まずは代表の呂からのオリエンテーションを行いました。今回のワークショップは「3つのパート」に分かれているとのことで、メンバーもどんな課題がでるのかわくわくしています。

1:言語に頼らず会社の理想の未来を描く!?

1つ目のお題は「シェルフィーの現在と未来を生物に例えたら?を絵と動きで表現しよう」というものでした。普段ロジックが強いメンバーが多いシェルフィーですが、このワークの間は議論はもちろん、解決策を考えることも禁止。「全ての意見をありのままで受け入れる」というルールがあります。

「ん…?なんですかそれは…」と、ぽかーんとするメンバーたち。

まずは個人で思いついた生物の姿形を絵にしたあとに、それをグループ内で発表後、話し合いながら一つの生物にしていきます。

このワークの目的は「言語化、ロジック化できない考えを絵や体で表現して深層にある考えを引き出しいく」という狙いが込められていました。普段よく使う左脳ではなく、より深層や感覚にリーチしやすい右脳で会社の姿を思い描こうということです。

3チームに分かれて、グループワークがはじまりました。各班はシェルフィーの現在と未来の姿をどう描いたのでしょうか。

ん!?

んん!!??

んんんっ!!!???

それぞれの絵についての説明はあえて割愛しますが、何か感じていただけていると幸いです。笑

参加したメンバーからは
・絵を書いたり体を動かしたりで表現するのが、シンプルに楽しかった!
・業務では使わないような頭の使い方をして新鮮だった!
との声が上がり、とても盛り上がりました。そしてそのまま2つ目のお題に移ります。

2:建設×ITで理想の会社が手掛ける事業とは?

2つ目のワークは1つ目のワークで絵に現した”未来のSHLFY”が「世の中に提供している価値、サービス内容、売上、ユーザー数を考える」というものでした。会議室のあちこちで「売上◯千億」「業界シェアの50%をとる」といった大きな数字が飛び交っていたり、「未来のユーザーにあらゆる角度から価値を提供したい」といった理想の業界を描いたりと非常に夢のある展開でした。笑

 

宴の時間

合計5時間のワークショップが終わり、お待ちかねの夕食タイム!昨年に引き続き、夕食は海沿いの素敵なレストランでのBBQでした!

みんなお肉を焼きまくりです!BBQにこだわり持つ男、セールスの鈴木が丹精込め焼いてくれました。

 

最後にはメンバーからのあの有名芸人を真似したサプライズの出し物もあって、とても盛り上がりました。

ホテルまでの道中で、SHELFY恒例の男気じゃんけんが急遽発生。総勢13人でアイスの支払いをかけた絶対に負けられない戦いがはじまりました。見事男気をみせたのはマーケターの仲原。彼は男気じゃんけんが大好きなので、支払うことができてとても嬉しそうです^^

そうこうしているうちにホテルへ到着。一日の疲労がピークに達している時間にも関わらず、ある一室ではコソコソと人が集まりはじめていました。覗いてみると…

Nintendoスイッチのゲーム大会が!!今回の合宿で1番の盛り上がりといっても過言ではないテンションでした。シェルフィーでは任天堂スイッチの保有率も高く、この集まりは深夜2時まで続いたそうです…。代表の呂もちゃっかり参加しています。

一方その頃、女子会をしていた栗原と鈴木はビールのロング缶を3本空けながらガールズトークの真っ只中だったとのことです。笑

ワークショップ 2日目

翌朝から切り替えてまたワークショップの再開です!最後のワークは「今のシェルフィーが昨日考えた理想の姿になるために必要な次のステップとは?」というものです。2つ目のワークで考えた理想の事業にたどり着くための最短、かつ現実的なステップを各班ごとに考えました。

これまでのワークはワクワクしながら未来を考えるものだったのに対し、最後はより現実的かつビジネス的な視点で現実に落とし込んでいくものとなりました。

どのチームの発表もお世辞抜きで面白く、代表のロイも大絶賛するプレゼンテーションでした。授業があったためスカイプでの参戦をしていたインターンの深澤から「みんな頑張っていたと思いますよ〜」というお褒めの言葉をいただき、合宿は無事終了しました!

合宿を終えて

昨年よりも内容が濃いこと濃いこと!全てのチームでとても熱いディスカッションが行われており、昨年度に比べても、メンバーの思考力やアウトプットのレベルが上がっているのを感じた濃い2日間でした。

このブログを読んでそんなシェルフィーで働くことに興味を持った方、今なら全方位採用中なので、こちらよりぜひ一度遊びにきてください!