INTERVIEW

インタビュー

エンジニア/「僕が引きこもりからシェルフィーのエンジニアになったわけ」

竹田 拓矢

エンジニア

岡山県出身。大学では生物学を専攻したが、退屈すぎてプログラミングを武器にプロの引きこもりを目指すことを決意。その後コードの世界に惹かれ実践できる場を求めた末、シェルフィーに参画。

これまで

僕がエンジニアを目指したきっかけを一言でいうならば「引きこもり」になったことです。友人のエンジニアにプログラミングを始めたきっかけを聞くと、「大学の学科が情報系だから」、「中学生の頃にプログラミングをしてる友達につられて」など、身近にコードと触れ合える環境にあった人が多い気がしますが、僕はそうではありませんでした。

大学で生物学を専攻したのですが、その選択が僕を引きこもりに導きました。というのも僕にとって生物学の授業はあまりにも退屈で、レポートもしっかりと提出した記憶はほとんどなく、じゃあ何かやりたいことがあるのかと言われても、これといって取り組みたいこともなく…。その結果、家に引きこもって、ずっとネットサーフィンをするようになりました。それでも幸いなことに、働くことへは危機感をもっていたので、世の中の最先端であろう情報にはアンテナを張っていました。

そんなときにちょうど「ノマドワーカー」が流行していて、お金を稼ぎながらも自分好みのスタイルで働けることを知って感動したんです。エンジニアになったらノマドワーカーのような働き方ができるんじゃないかと思って、本当に軽い気持ちで始めたのが僕のエンジニアとしてのスタートでした。ある意味、バンド感覚ではじめたプログラミングです。当時は「ニートの歩き方」という本も読んで、インターネットやコードを使って自分の力だけで生活するためにするべきことを真剣に考えていました。

プログラミングを独学で学び始めてから、徐々にコードの世界に魅了され、大学の卒業旅行中のWi-Fiが通じないところでも暇さえあれば鉛筆とノートだけでコードを書いていました。完全に変態ですよね(笑)。でもやっぱり本だけで勉強するのは限界や飽きがどうしてもあったので、現場でコードを書きたい気持ちが生まれエンジニア・インターンを募集しているベンチャー企業を探していました。そんな時に出会った企業の一つがシェルフィーでした。

当時、シェルフィー含めて3社の選択肢があり、一番の優先順位は「エンジニアとしてスキルが高められる会社かどうか」でした。個人の思いとしては手取り足取り教えてもらう環境よりも、ある程度任される範囲が広い企業で自主的に学んでいく環境の方が自分の性質上スキルを伸ばせやすいと分かっていたので、インターンでもエンジニアに大きな裁量権を与えてくれるシェルフィーを選択しました。

また3社の面接を受けて感じたシェルフィーの一番の特徴は代表の呂の熱意です。今思い返しても半端でないくらい強かったですね。これほど会社のことを熱く語ってくれた会社は他にはなかったですし、非常に面白いビジネスをしているだと心から感じ、納得することができました。呂との面談を通して自分の気持ちに整理がつき、その後は即決でシェルフィーのインターンを決めました。

インターンの最低期間の6ヶ月を終えたとき、社員にならないかと言われて入社するかどうか悩みました。実をいうと当時ホストを目指そうとも思っていまして、シェルフィーに入社するのかそれともホストになるかの究極の2択に迫られる時期がありました。結論からいうと、1ヶ月悩んだ結果シェルフィーに入社することを決めました。(なぜホストを選ぼうかと思ったかはオフィスに遊びに来てくれた際に…!)

もともと「エンジニアとしてのスキルを高めたい」と思ってシェルフィーで働き始めたのですが、時間が経つにつれて「事業が今後スケールしていき、上場していくまでの過程を社員として見ていきたい」と思うようになっていきました。

シェルフィーには「建築業界に健全な競争関係を生み出す」というミッションがあるのですが、建築業界は非常にレガシーな業界だけあって、そのミッションを達成するのは根気がいる作業です。だからこそ今までITが浸透してこなかった業界に刺さるサービスを開発をしていくこと自体が挑戦だと感じますし、事業やサービスをエンジニアとして具現化していく中で業界に対してどのような影響を与えていくかをまだまだ見続けていきたいと思いました。そう考えたときにホストという選択肢は消え、シェルフィーへ入社を決意しました。

 

現在

新機能の開発、現機能の改善をしています。新機能の開発という点では営業、クオリティーマネジメント、プロダクトマーケティングチーム等の様々な部署と連携しながら開発を進めています。具体的にはrailsをメインにしたバックエンドの開発、DB設計、要件定義、仕様決め、フロント開発、コードレビューといった川上から川下における開発の全体に関わっています。

開発経験0からジョインした過去の自分と比べると、徐々にスキルアップしている感覚があり、毎日何かを学べることにやりがいを感じますね。また現在の開発チームは少数精鋭でやっており、それぞれを信頼しあいながら日々の業務を進めています。メンバー全員、人当たりも良く話しやすい人しかいません。自分が得意ではない言語をメンバーに尋ねた時も、アドバイスすると同時に、僕に考えさせてくれますし、互いを協力し高め合えています。シェルフィーで学ぶ余地はまだまだたくさんあります。

会社としての雰囲気は他のベンチャーやスタートアップを比べるとトップクラスでフラットだと思います。プロダクトサイドとビジネスサイドとのコミュニケーションというのは多くの会社で課題になっていますが、シェルフィーではエンジニア同士で固まることがないように、デスクの位置が点在していたりと、ビジネスサイドとコミュニケーションや共有を促す工夫が多数設けられています。そのおかげで部署を越えた情報共有や議論が、mtgなどの定まった時間以外でも行われています。

また全メンバーが自分の意見や軸を持ちながらも、学ぶことに対して非常に謙虚な部分も持ち合わせているので、議論をしても言い争いになることは決してないです。人として尊敬できるメンバーが集まっていることもシェルフィーを構成している大切な要素だと実感しています。

これから

そのとき必要なポジションに合わせて、柔軟に対応できるエンジニアを目指してきたいと思っています。一つの開発をするにしてもセキュリティーを考えたり、アーキテクトを考えたりと様々な知識や経験が必要になっていきます。

仮に新しい開発を任された際に、あれができないこれもできないでは通用しないので、日頃から新しい言語学んだりと、エンジニアとして強みを増やしていきたいです。またチームのマネジメントをするにあたってもただ単にコードを書くだけではなく、開発の全体像を俯瞰してみれる余裕やスキルを身につけていきたいと思っています。

interview